Orthodontic dentistry

歯列矯正の流れ

歯並びがずっときになっている、年々歯並びがずれてきているきがする、という方は多いと思います。しかし歯列矯正は時間もお金もかかるためそう簡単には手が出ないことでしょう。そんな歯列矯正を始めるときの流れをご説明します。まずは、矯正を扱っている歯医者さんに行きます。矯正は大仕事なので、担当の歯科医の方が丁寧に説明してくれ済はずです。
矯正のメリットから、矯正器具をつけているあいだのデメリットと注意点、一般的にどれくらい時間がかかるかなどです。そして、矯正に取り掛かる前にまずレントゲンを撮ります。このレントゲンの時点で保険適用外のため数万円かかります。そのため、よほど矯正する意思が固まっていないと受けられないかと思います。ここで矯正することを決めると、個人に合った器具を作るため、歯形を取ります。
そして矯正の経過を記録するために正面と左右から写真をとります。その歯医者さんにもよりますが、最初の矯正器具発注の段階で30万~50万がかかります。器具ができるとだいたい月に1回歯医者に通い少しずつズレを直していきますが、数ミリ程度しか動かないため1年から2年そうした生活を送ります。最初は歯が動くときとても痛いので、数日堅いものが食べられませんが、慣れてくると痛みも軽減します。あとはこの作業の繰り返しになります。歯並びが良くなると顔の印象も変わりますので、根気よく続けましょう。

最新記事情報